« 思いがけず… | トップページ | けやき初め »

岳温泉♪

福島の岳温泉に行ってまいりました!のんびりするには温泉が一番!!最近あまりにも突っ走った生活をしていたので、ここらで息抜きしておかないとね。

寒さや雪が苦手な私は、スキー・ボードには絶対行きません。やらず嫌いではなく、やって嫌いだったので、私の「行かない」という意思は相当固いものがあります。でもやっぱり「温泉と言えば雪見よね~」なんて思ってしまったワケですよ。どうしたんだ、私?!でも宿を探すにあたり、「露天風呂=雪見、岩風呂、開放感あり」は外せなかったんです。ただ、雪見露天風呂=まわりも雪が積もっているという式は私の中ではなかったのです。誤算でした。

DSCN2260 今回はちょっとリッチに「のんびり小町」で。グリーン車に乗るなんて初めてです。広いですね~。こりゃフラットにして寝れちゃうよ。快適な電車の旅を楽しんでいたのですが、福島県の郡山なんてあっと言う間です。意外だったのは雪がほとんどなかったということ。かなりの積雪量で、一面白銀の世界なんてものを想像していたのですが、ところどころに残っている位でした。

着いたのが9:30。岳温泉に行くバスの時間が12:30。3時間ありますが、この時間が中途半端すぎて計画を立てている時は何をしていようかと悩みました。そんな私たちが選んだのは駅前にある「郡山市ふれあい科学館(スペースパーク)」。郡山まで行って何やってるんだよ!と突っ込まれそうですが、こういうの何気に好き。10:45にはお昼ご飯を食べに行こうと言っていたのですが、気付けば時間が過ぎちゃってました。それほど楽しかったんですって。まぁ開店と同時に入るという気合の入った客は私たち以外にはほとんどおらず、ほぼ貸し切り状態でした。

DSCN2275 お昼は「隆仙坊」というお蕎麦屋さんで。ガイドブックで見て、ぜひ行きたかったのです。鴨南蛮1800円とちょっとお高めでしたが、お味はGOOD!お店の雰囲気も老舗っていう感じでよかったです。


DSCN2285 12:30郡山発のバスに乗り込み、いよいよ岳温泉へ。1時間もバスに揺られるので、今度こそ雪深い山奥だろうと想像していたのですが、これまた期待はずれ。またもやそんなに雪がないのです。もちろんところどころはこんもり積もったりはしてるし、歩道はアイスバーンになってて恐いのですが、イマイチ想像と違うのよね~。

宿は「喜ら里」という、女性が好きそうなツボをついてくるステキなところでした。入り口には水車小屋、その奥には橋があり、その先に入り口があります。中もキレイだし、仲居さんもステキな方でした。この宿にしてよかったよ。DSCN2283DSCN2307DSCN2314

   





DSCN2280 部屋にはおみくじ付きの梅昆布茶がありました。なんとそのおみくじは「大吉」だったのです。しかもいいことしか書いていない!「恋愛:勿体無いような人です、願望:思い通りに運ぶ、お勤:上役の引き立てあり 昇進、賭:チャンス!!逃すな、縁談:他人に任せなさい 非常によい人です」などなど。他にもいいことしか書いていないんです。ヨシ、初詣でひいたおみくじのことは忘れることにしよう。

DSCN2278 では温泉めぐりと行きますか。のんびり小町についていた「温泉手形」で3箇所の湯がめぐれます。




DSCN2288DSCN2289外に出てみるとなんと0℃!雪は降っていなくてもやっぱり寒いもんは寒いんですね~。外にいたワンちゃんも小さくなってなるべく雪との接地面積を小さくしようとしています。お行儀良すぎですから!!


DSCN2292DSCN2293  まずは「鏡が池 碧山亭」。このお風呂からは目の前にある鏡が池が一望できるとあります。この時期その鏡が池は完全に凍っていました。露天はいいですね~。熱くても頭が寒いのでいくらでも入っていられます。かなり長湯をしました。お風呂上りにはコーヒー牛乳が飲みたくなりますが、残念ながらココにはありませんでした。

DSCN2300 ちゃんと温泉神社にもお参りしました。





DSCN2299 続いて「松渓苑」をめぐりました。この宿、とってもよかったです。このHPからはイマイチ伝わらないかと思いますが、落ち着きがあって大人な感じの宿です。ここでは陶芸体験などもできるのですが、確認したところ「宿泊者のみ」とのことだったので残念ながら今回のプランからは外れました。

DSCN2305そしてやはりココでもコーヒー牛乳は置いておらず…。まぁ確かにこの宿には似合いませんがね。でもいい加減水分補給をしなくちゃマズイなと思い、自販機へ。歩いてもいないクセに「アクティブ ダイエット」を飲もうとボタンを押すと、1つずれていたようで出てきたのは「大豆ノススメ」。オイオイ、よりによって大豆かよ~。飲んだことないので少々不安でしたが…まぁ飲めなくはない。(でも結局1口しか飲んでないや)

2つのお風呂をめぐり私たちの宿に戻ると仲居さんにえらく驚かれました。「今までめぐられてたんですか~。随分と長い時間…」確かに。3時間半位かかっていたんじゃないかな。指はふやけてましたからね。さすがに温泉3時間半は疲れます。おなかも空きました。

DSCN2318ってことで夕食。ターゲットが女性というだけに、少しずつ色々な種類が食べられるようになっていました。写真は最初にセッティングされていたもの。この後、焼き物、揚げ物、煮物、そしてご飯やデザートまで。さすがに食べきれません。そして動けません。

数時間ゴロゴロして本日3つ目のお風呂。この宿での温泉です。よかったですよ~。一生懸命写真を見ながら探したので、やっぱりここの露天風呂が一番求めていたものに近かったかな。これだけ入るとお肌スベスベ。

○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜○。゜

DSCN2331 朝食。これまたかわいい感じ。

とろろご飯にできるようにとろろがおいてあったんですけど、それが絶品!全ての割合がちょうどよい!!今まで食べたとろろご飯の中で一番おいしかったな~。

で、またしても重たくなりすぎたお腹をかかえて朝風呂へ。これで温泉〆です。もったいないからなかなか出れません。

DSCN2336 チェックアウトを済ませ、レストラン&輸入雑貨のお店「空の庭」へ。かわいい雑貨がいっぱいあって、わくわくします。お昼はその近くのレストラン「ティーポット」へ。別に「空の庭」でお昼でもよかったのですが、そこに向かう途中で「森のビーフシチュー」という看板と絵を見てしまい、気分はシチューモード。パイ生地で覆われてるような絵だったので、余計惹かれます。

写真じゃイマイチ大きさが分からないかもしれませんが、直径20cm位あります。大きすぎ!ビックリしましたよ。こんなに食べられるかな~と不安になりつつも完食。これまたんまいっ☆

DSCN2341 途中、こんなに立派な松の木がありました。歩道と車道の間にあって若干邪魔ではあるのですが、コレはきっと誰も切ろうとは思わないでしょう。大きいし、枝ぶりも見事でした。


DSCN234214:00発のバスに乗り郡山へ。帰りのバスは爆睡です。気付いたら都会にいたと言った感じ。本当は郡山に着いてもブラブラしてようかと思ったのですが、もうそんな感じではなくなっちゃいました。お土産だけ買ってあとはまったりとジュースを飲みながら。。。

せっかくなのでタピオカ1.5倍で。

DSCN2344 楽しかった旅は一瞬で終わってしまいました。でも癒された~!

|

« 思いがけず… | トップページ | けやき初め »

「旅行・遠くにおでかけ」カテゴリの記事

コメント

やっぱ冬は温泉に限るね!
確か、お土産を頂いていたような気が・・・まだ持って帰ってない!(゚o゚)
私も明日から北方の温泉に行ってくるぞ。
土産はやっぱ酒のツマミかね・・・?

投稿: tai | 2006年1月20日 (金) 12時37分

温泉サイコー!!
お土産、忘れずに持って帰ってあげてくださいね。ロッカーの上でさみしそう…
明日からのスキー、お気をつけて~!
結局一度も参加せずに終わってしまいました。
申し訳m(__)m
お土産、楽しみにしてま~す!

投稿: liz | 2006年1月20日 (金) 17時48分

郡山の駅にはおばあちゃんが昔話を聞かせてくれる部屋があるんだよ。
「おばあちゃんの民話なんとか」っていうの。
私も温泉に行きたいなー。でも女同士で行かないと楽しくないのよねー。

投稿: himari | 2006年1月20日 (金) 20時44分

郡山の駅にそんなのがあるんだ~。
気づかなかったよ。
温泉はやっぱり女の子とがいいよね!
温泉3つも入ったのも女の子とだからです☆

投稿: liz | 2006年1月20日 (金) 21時16分

温泉すっごいうらやましい!!
やっぱ冬は温泉でしょー。
雪を見ながらなんて最高ですなー。
あたしも早く旅行にいきたいわ・・。

投稿: yuko | 2006年1月20日 (金) 22時39分

yukoも旅行楽しんで来てね~。
でもくれぐれもはまり過ぎないように(笑)!
京都はきっと雪深いよ~。
寒いけどキレイだろうね♪

投稿: liz | 2006年1月23日 (月) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115559/8187084

この記事へのトラックバック一覧です: 岳温泉♪:

« 思いがけず… | トップページ | けやき初め »