« いいね~ | トップページ | 満 »

12年という月日

阪神大震災から今日で12年。
今日の昼休みまで、私は今日が「その日」であることを忘れていた。毎日忙しくしていて日にちの感覚がなくなっていた。最近一日一日がとても短くて、一瞬で過ぎ去ってしまう。だから「今日がもう1月17日」だということに気づかなかった。朝、ニュースでちょっと取り上げられていたけれど、私はそれでも気づかなかった。なんでわざわざ今日こんな放送をしているのだろうと。12年経てばTVで取り上げられる時間も短くなる。だけど体験した私がその日を忘れてどうする。年に一度だけ、今日という日に私は1年の自分を振り返ることができる。もし今気づかなければ、私は何も考えないままいつもどおり一瞬で「今日」を終わっていた。

さて、この1年どうだったか。
平凡に過ごせている毎日に幸せを感じられたか。
他人に思いやりをもって温かい心で接することができたか。
そして、他人の温かさに感謝することができたか。
毎日、精一杯生きることができたか。

反省すべきことはたくさんある。毎年反省しても、結局改善されずにまた次の年に同じことを思うこともある。それでも考えられる日が1日でもあるというのはありがたい。

1つだけ言えることは「精一杯生きている」ということ。今は夢もある。やっていることはまだ中途半端かもしれないけれど、少しずつ前進していると思う。趣味もとても充実していたと思う。今年もまわりにいてくれるたくさんの人たちに感謝をして、今生きていることに感謝をして、一日一日を大切にしていきたい。

|

« いいね~ | トップページ | 満 »

「ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115559/13542051

この記事へのトラックバック一覧です: 12年という月日:

« いいね~ | トップページ | 満 »