« 2007年10月 | トップページ

=Italy=6日目(ローマ)

いよいよ観光最終日。今日はローマで一日フリーです。

今まであめこと「どこに行こうか」とずっと話合ってきたけれど、行きたいところがたくさんありすぎて全く計画が立たない。とにかく「妥協は許されない」という私たちの旅なので(韓国から引き続き)、とにかく時間の許される限り巡れるだけ巡ろうということになりました。最終的に添乗員さんも驚かすほど歩き回りました。

朝の出発はホテルから出るローマ行きのシャトルバスを待っている場合ではありません。タクシーを呼び、地下鉄でむかうことに。

Dscn2511

1時間ほど揺られ、最初の目的地ヴァチカン美術館へ。開館前だというのにもう列ができています。でも入場制限される前に入れたので、ここでも時間は短縮!

Dscn2516

本当はゆっくり美術館も見ていたかったのだけど時間がないため、サクサク通過。目的のシスティーナ礼拝堂の「最後の審判」まではすごい勢いで進みました。

Dscn2521

Dscn2523

Dscn2528

これらは天井ですよ。

Dscn2540

Dscn2546

そしていよいよシスティーナ礼拝堂へ。ここは空気が違いました。体で何かを感じる感じ。ただちょっと警備の人がうるさかったのが残念ですが。

最後は美しい螺旋階段

Dscn2553

コーラ・ディ・リエンツォ通りを通って、チーズ屋さん(あまりに地元の人向けで恐くなってすぐ出てきちゃいましたが)やウィンドーショッピングをしつつポポロ広場へ。

このオベリスクは初代皇帝アウグストゥスがエジプトから持ち帰ったもの。

Dscn2569

双子の教会

Dscn2571

続いてスペイン広場方面へ。

途中、本日1つ目のジェラートを。店員さんがとっても陽気なおじさんでした。

そしてFURLAやコンドッティ通りで2人ともガッツリお買い物♪ステキなお土産もGETできました。

昼食はパニーニとカプチーノ。うんうん、イタリアですね!

Dscn2581

そして再びトレビの泉へ。コインを投げながらした「また来れますように」という願い、もう叶っちゃった?!

そして昨日は食べられなかった有名なジェラートを。本日ジェラート2回目~。甘いものがそんなに好きではない私には非常にめずらしいこと。イタリアンマジック!!

Dscn2587

そして次に目指すはフォロ・ロマーノ。でもそこに行くまでに立派な建物がたくさんありすぎて、地図に載るほどのものなのか、大したことないものなのか全く分からなくなり、どこを通っているのか分からなくなりました。無事、「2世」にたどり着いたときはホッ。でも歩いているだけで楽しくなります。

Dscn2589

Dscn2597

そして、フォロ・ロマーノ

フォロとは公共広場のこと。1200年も続いた帝政ローマ時代、歴代の皇帝たちは権力の象徴としてこのフォロに元老院、裁判所、凱旋門を次々と建立しました。「ローマは一日にしてならず」という言葉がありますが、まさにここはそのローマ帝国の政治・経済の中心部。

こんな状態で1000年以上前のものが残っているなんてホントに感動です。

Dscn2602

Dscn2617

続いて、これまた「ローマの休日」でおなじみの真実の口へ。もっと中心地にあるものかと思ったら、随分と外れに。さすがにこれだけ歩いたらぐったりです。でもでも諦めませんよ。17時までに入らなければならなかったみたいです。ギリギリっ!!

ちなみにコレは「サンタ・マリア・イン・コスメディン教会」の外にあります。

Dscn2629

ホントにホントにもうぐったりで、近くにあった広場(真実の広場)で休憩。ラブラブなカップルに目を奪われまくっていましたが、隣にあったのはこれまたちょっと有名なもの(ヴェスタ神殿)だったみたい。

Dscn2631

足は限界に近かったけれど、もうすぐ一日が終わってしまいます。こんなところで休んでいる時間はありません!大通りは変な団体と警察で埋め尽くされていたので、ちょっと恐かったけれど裏路地を通ってナヴォーナ広場へ。

ここにはベルニーニ作の彫刻大作「四大河の噴水」「ムーア人の噴水」「ネプチューンの噴水」があるのですが、私たちが行ったときは一番大きな「四大河の噴水」は補修中で見れず・・・

Dscn2632

Dscn2634

そして再びコンドッティ通りに戻り最後のお買い物です。そこで添乗員さんに会い、今日一日の行動を話したら驚愕してました。そりゃそうだ。足でローマ全てを歩いたようなものですから(笑)

夕食はカルボナーラとピザを。イタリアのカルボナーラは生クリームを使っていないので、クリーミー感が少ない。あたしはこっちのほうが好きだな~。

Dscn2642

そして22時。ホテルのシャトルバスが迎えに来るマルチェ広場(真実の口の近く)に戻り、私たちのローマ観光は終わりを告げました。ってか、濃すぎっ!!

Dscn2646

最後の夜。昼間これだけ歩き回ったのだから相当疲れているはずなのに、2人とも「寝てしまったらもう終わってしまう」となかなか寝られません。今まで色々な話をしてきたのに、まだまだ話し足りない。目をつぶったら終わってしまうのが寂しすぎる。人生について、恋愛について、生と死について。楽しい話題から重い話題までずっとずっと話し続けました。

| | コメント (31) | トラックバック (0)

=Italy=5日目(ローマ)

半日バスでひた走り、最終目的地ローマへ。

着いたときにはもう昼食時。

ランチはピザ・カプリチョーザでした。これは「気まぐれな」という意味。具材がシェフの気まぐれなんだそう。でもねぇ、気まぐれなのはどうやら具材のチョイスだけではないようで・・・のせる量まで気まぐれです。だってさ・・・あたしのほとんど具のってないよ?

Img_4182_2

顔より大きいこのピザ。添乗員さんは「でもペロリと食べられちゃうんですよ~」なんて言っていたけど、絶対ムリだって(^_^;)

腹ごしらえも終わったところでいよいよローマ観光です。

まずは「ローマの休日」でおなじみのスペイン広場。とにかくすごい人。みんながオードリーになって階段に座ってます。ジェラートが食べられないのが残念だわ。

Img_4191_2

街にはいたるところにオベリスクがあります。

Img_4196_2

そしてそして、水の音が聞こえてきましたよ~。ド~ンと美しい泉、トレヴィの泉とご対面です。なんですか、この美しさは!

Dscn2399_2

この泉に後ろ向きにコインを投げると願いが叶うそう。

あめこのように一度投げたら「再びローマに来られる」

私のように二度投げたら「ステキな人と結ばれる」

一緒に行ったツアーのおばちゃまのように三度投げたら・・・「別れたい人と別れられる」。。。そうなの?おばさん!!

そしてココはトレヴィの泉の横にある、オードリーが髪を切った美容院があった場所。今はカバン屋さんでした。

Dscn2405

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂。ってか、こんな名前覚えられないよ!明日も何度もこの前通ることになるんだけれど、私達は「2世」に省略!

ここは2人の衛兵が常に火を絶やさないように見張っています。雨の日も風の日も。。。

Dscn2409

テヴェレ川を渡って、ヴァチカン市国に向かいます。向こうに見えているのはサンタンジェロ城

Dscn2414

そして大聖堂の入り口、サンピエトロ広場です。ベルニーニ設計です。

Dscn2415

Dscn2457

周りの柱廊には284本の柱が4列で並んでいます。ある場所に行くと、その4本の柱がすべて重なり、まるで1列だけしかないように見えます。なんで今から350年も前にそんなに正確なことができるんでしょう。ホントすごい。柱の上には聖人の彫刻が140体。多すぎだって!

Dscn2417

大聖堂入り口

Dscn2423

ミケランジェロのピエタ像

Dscn2429

大天蓋

Dscn2439

Dscn2442

Dscn2445

Dscn2450

コロッセオ。剣闘士同士や剣闘士と猛獣が生死をかけた戦いが行われていた場所。

Dscn2473

チケットを買えば中に入れるらしいけれど、時間がなかったのでギリギリ見れるところまで。

Dscn2491

Dscn2493

コンスタンティヌス帝の凱旋門

Dscn2488

その後ローマ三越に行ってお買い物~。FURLAが半額以下でさ~。もちろんお買い上げ♪

外に出たらもう真っ暗。なんか普通の建物のはずなのに幻想的。

Dscn2498

ローマのホテルはランクアップなんです、あたしたちヽ(´▽`)/

昨日一昨日のお化けホテルとは大違い!すっごくステキなホテルに大はしゃぎな私達。

夕食もホテルのレストランで。ワインなんかも飲んじゃいました。

Dscn2507

パスタでお腹いっぱいですが、このあとだってなんでも来いっ。もう完全にイタリア食に慣れたもんね~。

で、なすの炒め物きたんですが、つい食べちゃって写真なし。(あめこからの写真待ち~)

夜は遅くまで明日の予定を立てます。ってか、行きたいところが色々ありすぎて全然決まらないんだよね。システィーナ礼拝堂は行きたいけど諦めなきゃねってずっと言っていたんだけど、やっぱりここまできたら諦めきれない。明日はホテルから出るシャトルバスなんか待っていられない。早起きして街に繰り出しましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=Italy=4日目(ピサ)

昼食後、バスを走らせピサへ。フィレンツェの観光も捨てがたいけれど、ピサもはずせないでしょう~。

この周辺はスリがとても多いらしく、添乗員さんは口をすっぱく言い続けていました。そんなにすごいのかと、恐くなるくらい。普通の人なのに、すべての人が怪しく見えますから。

ドゥオモ広場の入り口にはこんな方々が整列。「かっこいい人探せ!」の声にみんなの目が見開きます。

Img_4118

そしてそして!ついに~

ピサの斜塔

Img_4121

ホントに傾いているよ~。元はドゥオモに付属する鐘楼として着工したのですが、3層目まで工事が終わったときに傾き始めたそう。早っ!今でも沈下は続いているけれど、補強工事をして元に戻したりしているそう。完全にまっすぐに戻さないのは、「斜塔」でなくなった瞬間に観光客が来なくなってしまうから。確かにね~(笑)

まずは洗礼堂の観光から。

Img_4123_2

そしてドゥオモ

Img_4133_2

Img_4141

そしていよいよ斜塔に登ります。30分ごとに○人と決まっています。あまりたくさんの人が登ってしまうと、塔がどんどん傾いてしまいますからね。うちらもギリギリ入れました。ちなみにバッグも置いていきます。

5度30分傾いているこの斜塔に登るのは大変です。階段を登ると遠心力(?)を感じる。全然まっすぐに登れません。上まで登ると、大した高さでもないはずなのに妙に恐いし・・・。

でも景色はステキでした。

Img_4145

Img_4149

下に下りてからは出発時間までひたすらお決まりの写真撮影です。斜塔を倒したり支えたり、運んだり・・・なかなかうまく撮れず、何度も何度もやり直し。妥協は許されませんよっ!

フィレンツェへの帰り道にはこんなにステキな夕焼けが。

Img_4170

夕食はステキなレストランでしたが、戻ってきた時間が遅かったため、食事時間ほとんどナシ!最後まで食べる前に終了してしまいました(涙)

Img_4174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=Italy=4日目(フィレンツェ)

ホテルを出発して30分強。

本日はフィレンツェ観光です。

まずは小高い丘の上にあるミケランジェロ広場へ。ここからはフィレンツェの町並みが一望できます。ドゥオモ・ヴェッキオ宮殿・ヴェッキオ橋をいっぺんに。

Img_4028

ダヴィデ像のレプリカもありました。いやぁ、でかいっ!

その後街中散策ですが、私達が乗っているバスはフィレンツェのバスではないため、中まで入っていくことができず、かなり遠くで降ろされ、そこからかなり歩きました。でも天気もいいし、街の感じもいいし、気持ちがよかった!最初はね・・・。(何往復もするとなると大変だったけど)

Img_4029

図書館ですら立派!

Img_4030

シニョーリ広場にあるヴェッキオ宮殿。今でも一部は市庁舎として使われています。

Img_4032

で、いよいよフィレンツェといえばこれ!ドゥオモとご対面です。感動~

Img_4042

Img_4035

クーポラの内側は一面フレスコ画が描かれています。

Img_4054

手摺があるところ、歩けます。その下にアルファベットが書いてあるの、見えますか?さぁ、目を見開いて、乾燥する位見開いてみてみてください!アレが1.5mなんだって。どれだけ大きいか分かります。

ドゥオモの頂上やそのすぐ隣にあるジオットの鐘楼にも登りたかってけど、時間がなくて断念・・・(涙)ホント足りないよ、時間。

Img_4059

このドゥオモの前はサン・ジョヴァンニ洗礼堂です。

Img_4046

真ん中でキラ~ンと輝きを放っているものが、天国の扉です。

Img_4034

ダンテの家の前で、大道芸か何かをするお兄さんが必死にメイクをしていました。ガイドさんは「気持ち悪い」って言ってた(^_^;)

Img_4062

その後、皮製品のお店に連れて行ってもらったのだけど、どれもイマイチ!なのにやたらと時間があるので、雨子と抜け出すことに。もちろん添乗員さんにお断りは入れましたよ。

すぐ近くにカフェがあったので、そこでジェラートを購入。イタリア初買い物です。ピスタチオのジェラートをセレクト。とってもおいしいヽ(´▽`)/

Img_4064

目の前にはサンタ・クローチェ教会。まぁガイドさんがいないと何かは分からなかったもんで・・・。「あんまり大したことなさそうだから戻ろうか」なんて言ってしまった。今ガイドブックを見て、写真が同じだったのでちょっと驚いておりますΣ(゚д゚;)

Img_4067

ウフィツィ美術館は残念ながらスルー。見たかった・・・イタリアまで来て、ここカットかいっ?!

外観のみお楽しみください。

Img_4075

ヴェッキオ橋。アルノ川に架けられた最古の橋。昔はお肉屋さんなどが並んでいたんだけど、フェルナンド1世が悪臭を嫌って店を撤去させ、金銀細工師が集められたそう。現在も橋の両側に貴金属、宝石店が並んでいる。が、もちろんココも見るだけ~。

Img_4080

橋の中央からはステキな眺め!

Img_4084

シニョーリ広場には大量の彫刻が。

Img_4100

Img_4093

ランチはきのこのフィットチーネ。

Img_4108

私達ももうイタリアには大分慣れましたからね。たとえ行程表のランチ欄に「きのこのフィットチーネ」と載っていようとも、この後何が出てきたって驚きませんから!

で、出てきたのはこちら。

Img_4111

丸々パンパンなチキン。ジューシーでおいしかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

=Italy=3日目(ヴェネチア)

ホテルの部屋からこんなキレイな朝焼けが。

Img_3931

バスで1時間半ほど走ってヴェネチアへ。ヴェネチアに渡るには長~い「なんとか」っていう橋を渡ります。(しっかりしろよ、元橋屋!)

「冬の時期は高潮で、ゴンドラに乗れないかもよ」という事前の脅しをよそに、着いてそっこうゴンドラ乗り場に直行でした。よかった=3 しかも、いずれ水没してしまうというヴェネチアに、その前に来れて本当によかった。

Img_3947

こんなスレスレ通っていきます。

Img_3943

ゴンドリエーレさんのトレードマークはヨコシマなシャツだけど、冬の間は上着を着てしまっているため、残念ながら見れません。

お金を払えば歌なんかも歌ってくれると添乗員さんが言っていましたが、私達が乗ったゴンドラのゴンドリエーレさんはなんか一番ボスっぽくて、「お金をとる、とらないは『決まり』というより『気分』」ってな感じで、歌ってくれました。愛想もなくめっちゃ恐い感じのおじちゃんだったんだけどね。少し歌ったらうちらも持ち上げ持ち上げ・・・若い女の子達(?)だとサービスもよくなるのでしょう。(ってことにしとく)

最後に一緒に写真を撮ってもらおうと思っていたのに、あっけない別れでそれどころではありませんでした。残念(>_<)

そのまま陸地散策です。何も話さない現地ガイドさんに連れられて。雨子好みのイケメン(あたし好みではない)ですが、これがホントになんの説明もしないんだわ。

連れて行ってもらったのはココ。ボーボロ階段

Img_3956

危うく名前すら教えてもらえないところだったよ。「どうして有名なんですか?」という私の問いにも「キレイだから」。

・・・

まぁ、確かにキレイですけど( ̄Д ̄;;

なんかあるでしょ、ガイドさんなら。歴史的背景とかさ。

「キレイだけどボーボロ階段」ってそんなギャグはどうでもいいからさっ!!

まぁでもこの階段は非常に分かり辛い場所にあるので、なかなか観光客だけでは来られないんだそう。そう思ったら一応感謝できます。

そしてサンマルコ広場へ。ここで合流した現地に住んでいる日本人ガイドの女性は色々説明してくれました。マイクなんかも用意していてくれました。

でも唯一。。。

口癖がね。

非常に気になるんですよね。

「そしたらですね」

必ず話し出しは「そしたらですね」です。しかもイントネーションがちょっとおかしいんです。

もう気になって気になって。あたしと雨子は大爆笑。説明聞く所ではありません。

Img_3966

サンマルコ寺院の壁画はすべてモザイクだって。なんでこんな細かい絵がかけるのか不思議でしょうがない!

Img_3957

Img_3964

鐘楼は約100m。入り口に値段が2種類書いてあり、安い方は歩いて登るのかと覚悟をしたけれど、無条件に全員エレベーターに。結局高い方はなんだったのかしら?

Img_3973_2 

上からの景色は最高でした。フィレンツェだけかと思ったけれど、ここもオレンジ屋根で統一されています。意外と運河は目立っていなかった。

Img_3988

ため息橋。宮殿と牢獄をつなぐ橋で、牢獄へ連れて行かれる罪人が最後にこの橋でため息をつくので、この名前。

Img_3978

そういやイタリアでは異様に飛行機雲を見た気がする。

Img_3981

ヴェネチアングラスの工房見学もしました。

Img_3987

2階にはステキなグラスや一輪挿しが大量に売られています。とってもステキだったけど、記念に何か欲しかったけど・・・ワイングラスを飾るにはあまりに家が質素なもんで。断念しました。どれだけグラスが頑丈かということを説明するために、鏡にガンガン叩きつけていました。わかってはいたんだけど、突然やられるとビックリするって!

お昼はイカスミのパスタ。その前に「プレゼント!」と言ってピザも持ってきてくれました。

Img_4004

お約束のお歯黒写真も撮ったし、昨日と違って腹八部目でなかなかよい感じ。「若干物足りないから、デザートはケーキがいいね♪」なんて言っていたんだけど・・・あたしたちはまだイタリアをなめていた。うん、確かに外側にあったナイフとフォークは気にはなっていましたとも。きっと随分大きなケーキが出てくるのだろうと、思ったのは半分は冗談でしたとも。

でもさ。「お待たせ~」と言って持ってくる品がコレ(゚∇゚ ;) ?!

Img_4007

ピザ食べたよ?イカスミパスタも1人前食べましたよ??

日程表には「ランチ:イカスミパスタ」って・・・「魚料理」なんてなってなかったよ。

コレがイタリアか(;´Д`)ノ

そしてヴェネチア観光もコレで終わりです。1都市1都市が短かすぎです(涙)

あ、そういやリアルト橋行ってないや・・・ここからの眺めはヴェネチアらしい美しい運河が見られるということで、すごい人でにぎわっていると聞いていたのにぃ。残念です。

ヴェネチアから出るときはまた例の「なんとか」っていう長い橋を渡ります。

Img_4014

そしてそのままバスで2時間半ほど移動して、フィレンツェ近くのプラトという都市へ。ここはホテルがあるだけです。

しっかしこのホテルのひどいことひどいこと!エレベーターはお化け出そうだし、なかなかお湯はでないし、エアコン寒いし、ドアの鍵はなかなか閉まらないし・・・。もうこんなトコいたくな~い!って感じなのに、そんなホテルに限って2連泊です。

はぁぁぁぁ。

近くにスーパーがあることだけがこのホテルのいいトコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=Italy=2日目(ベローナ)

  ミラノからバスで移動すること約2時間半。

ベローナという街に到着です。ここは「ロミオとジュリエット」の舞台となった街です。

バスを降りた瞬間、こんなステキな景色が広がったので、期待大!!

Img_3887

でもって、これがジュリエットがかの有名な「オォ~ロミオ。あなたはどうしてロミオなの」と言ったバルコニー。

Img_3890

思ったより小さくて普通で・・・ちょっと残念な感じ。

この前にジュリエットの像があります。ジュリエットの右胸に触ると幸せになれるということで、みんな触って写真をとっているために、ピッカピカ。外の壁には大量に落書きがされています。みんな幸せになれると信じているようですが・・・ロミオとジュリエットって確か悲劇じゃ?(^_^;)

で、これは・・・シニョーリ広場?だっけ??

Img_3901

Img_3902 Img_3900

このランヴェルティの塔の模様が3層になっているのは、建築最中の流行をそれぞれ取り入れたからだそうです。ってか、統一させようよ。まぁ歴史を感じとれてよいですけど。

エルベ広場ではお店がたくさん出ていてにぎわっています。

Img_3903

Img_3904_2

円形競技場アレーナ。1世紀に建てられたものらしいけど、いまだに健在。夏はここで野外オペラなんかをやったりしてます。こんな古い建物がちゃんと残っているってすごいなぁ。

Img_3923

今日の夕食はホテルで。前菜はグラタンっぽい感じの。ホワイトソースがおいしいなと思ったのもつかの間。あたしに配られたその「グラタン風」は、ちょうど真ん中だったらしく、ほっとんどがほうれん草。もう数ヶ月はほうれん草食べなくていいですって位ひたすら食べました。みなさんはほうれん草そこそこ、ホワイトソースもたっぷりでおいしそうなのに・・・ホワイトソースが少なすぎて味なかったよ。

Img_3927

メインはめっちゃくちゃすっぱいサラダがついた、めちゃくちゃしょっぱいお魚。

Img_3928

夜は部屋でガッツリ雨子と語りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=Italy=2日目(ミラノ)

さぁ!いよいよ観光開始です!!

最初の都市はミラノ

おしゃれな街、ミラノです。

最初はスフォルツェスコ城。でもバスから降りて写真を撮るだけです。ここがなんなのか、残念ながら分からず・・・

でも建物を見るだけで興奮です。しかも空が青くて映える映えるヽ(´▽`)/

Img_3832

「写真撮った人からバス乗って~」

・・・切ない(T_T)

でもこの前の広場は日本人観光客ばかりでした。

そのままちょっとバスで移動して、今度はスカラ座

Img_3842

パリやウィーンにあるオペラ座より質素にしなくちゃいけなかったらしく、外観はシンプル。でも中身で勝負らしいです。音響は1番とのこと。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア(カタカナ弱いあたしには、この単語を書くのは非常に難関だった)は、このスカラ座広場とドゥオモ広場を結ぶ全長200mのアーケード。まるでディズニーランドのようですが、こっちが先です。

Img_3849

ブランドショップなんかが並んでいます。真ん中にはプラダの本店。看板はすべて黒地に金文字です。たとえマックであっても・・・

Img_3850

真ん中には牛(?)の急所にかかとをおいて、1回転できれば幸せになれるとかなれないとか(まぁなれるって言われてるんだけど・・・)ってな絵があって、ガイドさんが説明してくれている中、聞かずに雨子と必死に回ってみたけど60度位足りなかった。

「爪が甘い」

そう言われているようです。(最近、よく言われます 涙)

Img_3855

このアーケードを抜けたらドゥオモです。

Img_3856

すっごいトゲトゲ感です。看板ジャマ・・・まだ修復中なんでしょうか。

しっかしよくこんな形にしようと思ったよな~。世界3番目のドゥオモだそうです。

ちなみに

1位:ローマ サンピエトロ大聖堂

2位:スペイン セルヴィアの大聖堂

3位:ミラノの大聖堂

おかげさまで、今回で全部制覇することができるようです。

中はステキなステンドグラス。なんかいつまでもいられちゃうような感じがします。てっぺんには黄金のマリア様がいます。108.5mらしいんだけど、このマリア様より高い建物を建ててはいけないという決まりがあるらしく、高いビルは見当たりません。

ドゥオモの前の広場にはウワサ通りホントにミサンガ売りとハトのエサ売りがいました。ちゃんと頑なに断り続けましたとも。

ランチはもちろん「ミラノ風カツレツ」です。前菜として「ミラノ風リゾット」。初、イタリアっぽい食事です。まだ感覚が日本だった私達は驚きましたよ。リゾットだけで十分な量だって(゚∇゚ ;) しょっぱいのでサラダも一緒に食べたいのに、リゾットが終わらないと次をだしてくれない。

Img_3879

Img_3880

よくここまで薄くのばしたよねぇ。お肉ちょっぴりでガッツリ揚げているからもっと脂っこいかと思ったけど、サクサクしてておいしかったヽ(´▽`)/

ここにいたアジアちゃん(犬)もかわいかったのよ~。(ピンボケのため、写真省略)

残念ながらミラノはここまで。半日じゃ物足りないっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

=Italy=1日目

いよいよ来ましたItaly旅行!!

ヨーロッパは何年ぶり?2年か?3年か・・・?

前回行ったドイツ・オーストリア旅行の記事は結局途中で終わってしまったので、今回のイタリアは頑張って最後までUPします!!

さ、前日の予想外の天気と、一緒に行くあめこの体調不良という不安はたくさんありますが、なんとか当日の朝を迎えました。

行ってきま~す。

Img_3808

この派手なオレンジのトランク。買ったばかりのころはかなり目立っていたのだけれど、最近はけっこうみなさん派手な感じでちょっと寂しい・・・。行きの電車の中で偶然居合わせた見知らぬ女性4人のうち、3人はオレンジだったからね(^_^;)いつか逆にグレーとかの方が目立つんじゃないか?

多少の遅れはあったものの、なんとか無事に空港到着。心配をよそに、空港周辺は雪がありませんでした。

ツアーの集合場所に到着して、もう1つの不安が生まれた。なんと今回のツアーでご一緒する方は全部で19名なのだけど、そのうち1組は9名のおばちゃん集団( ̄Д ̄;; 一体どうなるのか、この1週間~

成田空港ではたいがい自由な時間がけっこうあるので、「最後に日本食を!」とすることがよくある。今回は和菓子系を食べようと、あめこと楽しみにしていたのに、まったく時間がなく、ギリギリで飛行機に乗り込んだ感じ。せっかく今日から新婚旅行に行くRachelと同じ時間に空港にいたのに、会うこともできなかったよ(泣)

あめこはどうやらどうしても和菓子が食べたかったようで。。。売店で生八橋買って飛行機に持ち込みました。

Img_3811

このあんこが非常に癒しでしたヽ(´▽`)/

航空会社はスカンジナビア。あまりよいウワサは聞いていなかったのだけど、なかなかよかったですよ。

機内食はナゾな「焼き鳥丼」と不思議な「お寿司」

Img_3813

んでもってトランジットのため降りるコペンハーゲンの直前で出たのはどでかいハンバーガーと癒しのお蕎麦。

Img_3814 Img_3817

機内食の時間以外はひたすら寝てました。いつでもどこでも寝られるこの体に感謝(笑)

Img_3821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっと夢だ・・・

昨日は全ての体力を使い果たしたので、とてもじゃないけど旅行の準備なんてできなかった。

朝、5時に起きて準備すればよい。そう思って寝た。

起きたら7時!!

ヤバ~イ(>_<)準備どころか、普通に遅刻じゃないか~。

とりあえずカーテンを開けた。

・・・

???

理解不能。

目の前に広がったのはこんな景色↓

Img_3807

コレはきっと夢だ。

夢に違いない。

一度カーテンを閉める。

もう一度、静かにカーテンを開ける。 ・・・同じ景色

なんでしょうか、コレは。確かに昨日帰り寒かったよ。でもいくらなんでもコレはないでしょ(涙)「昨晩寒すぎたから、つい積もっちゃった」とかじゃない。今もなお、シンシンと降り続いている。ケンカうっているとしか思えない。ちょっと様子を見て出社しようかなとも思った。でも、これは待てば待つほど状況が悪くなりそう。先週半分実家に荷物を持って帰っておいてよかったよ。

トランクをひきずるとその前にどんどん雪が積もるという悲しい状況にも負けずひとまず出社。何がうれしくて日曜日に、しかも結婚式の次の日に こんな思いまでして出社せねばならんのだぁ(>_<)

仕事中も気が気じゃないよ。飛行機は飛ぶのだろうか。成田空港までの電車は動くだろうか。その前に、あたしは今夜実家に行けるだろうか。

そういや夏、あめこと北海道に行ったときも台風で飛行機が飛ぶかという不安があった。どうもあめこと旅行するときはこういうのがつきもののようで(笑)でも、真の晴れ女はこんなことではめげませんから~。

19時半頃、ようやく会社を出れた。その頃には雪もやんでいた。

途中で恵方巻きをGET!なんせ今年の節分は「大殺界」が明けるという重要な日だったから。実家に帰って人が必死にしゃべらず食べきろうとしているのに、母が「おいしい?」ってわざと聞いてきた。思わず「うん」って言っちゃったじゃん(゚∇゚ ;) 娘の幸せ、願おうよ、お母さん・・・

さぁ!いよいよ明日からイタリアです!!全くもって実感ありませんが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでとうヽ(´▽`)/

本日Rachel結婚式です~♪

昨晩は1時過ぎに帰って来て、それから今日の最終準備に取り掛かりました。寝たのは4時半。睡眠時間1.5時間。けやき演奏会の日の朝のようなテンションです。

美容院に行って髪をセットしてもらいました。とってもステキに仕上げていただき、大満足。一緒のところでセットした雨子と後姿を写真とってもらいました。顔写らないのに、なぜか笑顔になってしまった。長年の習性ですな。

Img_3752

一足早く10時に会場入りし、余興のリハーサルです。余興は全部で3つしかないのに、あたし2つ出演します。出すぎだよね。

最初に新婦Rachelとのピアノの連弾のリハ。コレ、今まで一度も成功したことがないんだよね~。しかも何時間か練習していくとなんとか聞けるまでにはなるんだけど、朝一番ってのはいつもボロボロです。今日が当日だというのに、例外なく本日もひどい状態だった。ねぇ、コレほんとに本番でやるんですか?イインデスカ??まぁ、楽しく和やかな雰囲気の披露宴にしたいというRachelの意向には沿うだろうけど・・・楽しすぎやしませんか?

その後クラリネットアンサンブルのリハは順調に終えることができ、いよいよ挙式です。

Img_3753

ド真ん中の一番いいお席を用意してくれてありがとう。

人前式って初めて見たけど、温かくていいね。確かにあたしたちはクリスチャンでもなんでもないから、神様に誓ったりするより、今までずっと一緒に生きてきた仲間達の前で宣言するのってよいかも。・・・と、無駄な想像とか色々しちゃいます。

イヤ、でも親友の式ってのは。。。しんどいね。泣きすぎて。

扉が開いてお父さんと並んでいるRachel見ただけで、まず号泣。ことあるごとに泣きすぎで、新郎のお父様にも突っ込まれる始末(笑)。ってか、Rachel!あなたも泣きなさいよっ。

絶対に泣かないRachelをなんとしてでも泣かせてやろと、13年も付き合ってきたあたしとyukoで手紙を書いたのに・・・結局笑いと驚きで終わっちゃったし。(うちら、作成中から泣きそうだったんだけどね)

ピアノの連弾は予想通りボロボロで、笑いしか起きないし。

クラリネットアンサンブル、こちらはおかげさまで成功しまして・・・泣くって感じじゃないしね。

新郎のお友達の余興の歌!あそこは泣くとこでした。(ここで新郎お父様に突っ込まれるほどあたしは号泣しました)なのにRachelはうれしそうに笑っているだけでした。

ココこそ泣くとこっていう「両親への手紙」はないしね。

なんか、Rachelらしい式だったなって感じがしたよ。

2次会は幹事長に抜擢していただきました。新婦側のみの幹事で、なかなか異例なことだと思うけど・・・まわりの方々の協力や、温かさ、当日2人を祝福するために盛り上げようと思うゲスト1人1人の気持ち。そんな色々なことに支えられて、無事成功することができました。と自負しております。最初はガチガチだった司会も、途中からえらく気持ちよくなってきちゃって。いや~、あたしが一番楽しんだかしら?

両親への手紙が披露宴でないことを知っていたので、敢えて「じゃあ、両親からの手紙をいただこう」と、二人に内緒で用意しました。それぞれに心温まる手紙でホントにジーンときます。結婚式ってやっぱりいいね。

3次会まで終了したとき、Rachelがあたしにブーケをくれました。トス用のブーケではなく、挙式で実際に使用した大切なブーケ。コレ、普通は人にあげるものじゃないよね?本当にどうもありがとう。Rachelの気持ちを大切にし、あたしもあなたに続きます!次行きます!!でも相手はこれから探しますっ!!!

ちょっとだけ新郎Kに妬いちゃいます。あたしとyukoのRachelをとられちゃうみたいで。あたしたちの方が暦は長いも~んと、無駄に張り合いたくなっちゃいます。

幸せにしなかったら 「覚えとけ~!!」

Rachel、絶対に絶対に幸せになってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誰か~!

このめっちゃくちゃ仕事の忙しい時期にあたしはイタリアに旅行に行きます。

来週の月曜日から・・・

だって2月は落ち着く予定だったんだもん。

それが延びて延びて、今最も忙しいんじゃないか?って時です。旅行行けるのかしら?準備は一体いつやれるのかしら。

いつものストレス咳が出始めちゃったんですけど。多分「荷造りできない」というストレスだろうねぇ。

そんな今日も0時過ぎまで残業です。

でも旅行のためなら頑張れます。

でもでも背中は悲鳴をあげている。もうコリ限界・・・

「おばさん」とみんなから言われようが関係ない。今日はずっとコレをもって仕事してました。

Img_3748

このETの指先が背中のツボにジャストフィット!!いい仕事します、コレ。この子がいなかったら今日はもうギブアップしてたと思う。

USJに行かれるあなた!!是非あたしにコレを買ってきてください~(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えっと・・・

気が付けばいつの間にか3ヶ月以上の遅れが出てしまったこのブログ・・・

最近「記事が古過ぎてコメントしづらい」というクレームをたくさん耳にするようになってしまいました。

そこで、これからは本当の時の流れに合わせたものと、10月28日以降のものを同時進行でUPしていこうと思います。

ま、またどうせ遅れてくると思うけど。。。♪~( ̄ε ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ